今日の忘備録

主にプログラミンのメモです。

dockerのpostgresのタイムゾーンを設定して、起動する

docker run -d -e TZ="Asia/Tokyo" postgres:alpine

dockerで起動しているPostgreSQLのタイムゾーンを設定する - Qiita


下記の方法で、
途中でも環境変数は設定できるようです。
※postgresのTZを変更可能かは未確認
hawksnowlog: 一度 run したコンテナを削除せずに環境変数を設定する方法

tomcatでpostgresに接続

tomcatでpostgresに接続するメモです。

contextに配置する、xmlの記載

<Context docBase="M:\workspaces\idea\web01\build\libs\web01-1.war" reloadable="true">
    <Resource
        name="jdbc/postgres"
        auth="Container"
        type="javax.sql.DataSource"
        driverClassName="org.postgresql.Driver"
        url="jdbc:postgresql://raspberrypi:5432/postgres"
        username="postgres" />
</Context>

サーブレットの処理

Context context = new InitialContext();
            DataSource ds = (DataSource)context.lookup("java:comp/env/jdbc/postgres");
            Connection conn = ds.getConnection();

            String sql = "insert into t01 values(?)";
            PreparedStatement st = conn.prepareStatement(sql);
            st.setInt(1, 1);

            st.executeUpdate();

            st.close();
            conn.close();

ideaでjavaのgradleプロジェクトを作成

ideaでgradleプロジェクトの作成方法です。

f:id:ontama123:20190301200820p:plain

f:id:ontama123:20190301200830p:plain

f:id:ontama123:20190301200846p:plain

f:id:ontama123:20190301200900p:plain

実行するクラスを作成します。

f:id:ontama123:20190301201643p:plain

f:id:ontama123:20190301201659p:plain

適当にmainクラスを作成します。
f:id:ontama123:20190301202151p:plain

build.gradleを編集します。
idをjavaから、appliationに変更します。
mainClassName="[クラス名]"を追加します。
f:id:ontama123:20190301202347p:plain

右端のgradleタブを開きます。
gradleのwindow左上の渦巻きをクリックして、更新します。
Tasks - application - run をダブルクリックします。
f:id:ontama123:20190301202537p:plain

実行されます。
f:id:ontama123:20190301202804p:plain